香川井下病院 栄養管理課

 

ワーファリンとビタミンK

ワーファリンとは・・・ ビタミンK拮抗薬と呼ばれており、血液を固めるときに必要な ビタミンKの働きを抑え、血栓(血液の塊)ができないようにするお薬です。 そのため、ビタミンKを大量に摂ると、ワーファリンの作用と逆に働いてしまい、ワーファリンの作用が弱まってしまいます。

【ワーファリン服用中に食べてはいけないもの!!】

・納豆
納豆には多くのビタミンKが含まれていますが、それに加えて、納豆の中にいる納豆菌は腸内でビタミンKを産生すると言われて います。そのため、納豆に含まれている以上の量のビタミンKを摂取してしまうことになります。



・青汁
青汁は緑葉野菜を絞って作ります。そのため、多くの栄養分を簡単に摂取することができる、代表的な健康食品です。ですが、青汁に使用されている緑黄色野菜にはビタミンKが豊富に含まれており、それらを集めた青汁にもビタミンKが多く含まれています。



・クロレラ
クロレラは緑色の藻の仲間で栄養を豊富に含んでいます。このクロレラを乾燥させたものが健康食品として使用されますが、これにもビタミンKが非常に多く含まれています。



※このほか、抹茶、緑黄色野菜や海藻類にも多く含まれているため食べ過ぎには注意しましょう。

【注意してほしいこと】
ワーファリンを飲んでいる場合、血液検査をしながらワーファリンの量を調節しています。食生活を極端に変えてしまうと急激にワーファリンの効果が上がってしまい、今度は出血しやすい体になってしまう可能性があります。すでにワーファリン飲んでいる方で、血液検査でちょうど良い数値になっている場合は、極端な食生活の変更はかえって危険な場合があります。まずは、医師や薬剤師、管理栄養士に相談してからにしましょう。