香川井下病院 栄養管理課

 

免疫力を上げる ~新型コロナウイルス~

●コロナウイルスとは
これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、2019年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス」です。 その他、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」があります。

●新型コロナウイルス(covid-19)の特徴
【感染経路】
飛沫感染・・・感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが排出され、そのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染。

接触感染・・・感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつき、それを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染。

【症状】
ウイルスに感染しても、多くの場合は症状が出ない、もしくは咳や発熱などの軽症で終わります。そのため、多くの人は新型コロナウイルスに感染しても気づきません。一方で、一部の患者さん、特に高齢者や糖尿病などの持病をお持ちの方は、肺炎が急速に悪化し、人工呼吸が必要となります。



ウイルスにはいくつか種類があり、コロナウイルスは遺伝情報としてRNAをもつRNAウイルスの一種(一本鎖RNAウイルス)で、粒子の一番外側に「エンベロープ」という脂質からできた二重の膜を持っています。自分自身で増えることはできませんが、粘膜などの細胞に付着して入り込んで増えることができます。
 ウイルスは粘膜に入り込むことはできますが、健康な皮膚には入り込むことができず表面に付着するだけと言われています。物の表面についたウイルスは時間がたてば壊れてしまいます。ただし、物の種類によっては24時間~72時間くらい感染する力をもつと言われています。
 手洗いは、たとえ流水だけであったとしても、ウイルスを流すことができるため有効ですし、石けんを使った手洗いはコロナウイルスの膜を壊すことができるので、更に有効です。手洗いの際は、指先、指の間、手首、手のしわ等に汚れが残りやすいといわれていますので、これらの部位は特に念入りに洗うことが重要です。また、流水と石けんでの手洗いができない時は、手指消毒用アルコールも同様に脂肪の膜を壊すことによって感染力を失わせることができます。