香川井下病院

神経内科のご案内

神経内科では、脳、脊髄、末梢神経、筋肉の病気を主に診断し、治療しています。高齢化に伴い、認知症、パーキンソン病などの患者数が増加しており、地域医療における神経疾患診療の必要性は今後益々高まると思われます。
当院は日本神経学会准教育施設日本認知症学会教育施設です。また、三豊・観音寺市医師会で取り組んでいる認知症専門医療機関に指定されております。
神経内科医2名となり、益々地域医療に貢献し、充実した医療を提供したく思っております。

 

頭痛、めまい、しびれ、話しにくい、うまく力が入らない、歩きにくい、ふるえ、意識障害、もの忘れなど

 

神経難病(筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、重症筋無力症など)、認知症、脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)、頭痛、髄膜炎、脳炎、てんかん、脊髄疾患、筋疾患、末梢神経疾患など

 

神経難病の外来診察とともに、入院、療養での対応、神経難病ネットワークにも力を入れております。パーキンソン病(手足のふるえ、動きにくさ、歩行障害など)の薬も日々進歩しており、症状や経過をあわせ内服の調整を行っています。神経難病の原因はわからないといっても、途中まではわかっているものや日常生活が可能になるような治療もあります。

 

認知症について全国的にも関心が高まっており、地域での医療連携も試みられています。認知症の初期には少し前のことが忘れやすく、昔のことはよく覚えている特徴があります。また同じことを何回も言ったり、置きわすれが目立ったりします。介護面においても負担がかかってきます。アルツハイマー型認知症に対し進行を抑制する治療薬ができており、できるだけ早期に診断し、早期に治療することが望まれております。

 

頭痛の原因はいろいろあり、比較的多いのは片頭痛や緊張型頭痛です。片頭痛はズキズキとした痛みが特徴で、動いたり、まぶしいところなどで増強します。また肩こりも7割にみられるといわれています。片頭痛については新しい薬(トリプタン製剤)ができています。緊張型頭痛は持続的に頭重感などがみられます。頭痛のなかには脳腫瘍や脳動脈瘤など手術が必要な場合があり、脳神経外科にご紹介いたします。

 

眼瞼痙攣、片側顔面痙攣、痙性斜頸はジストニーといった筋の異常な硬直を呈します。まばたきが多くなったり、顔の半側がぴくついたり、くびが硬くなったりしたときに疑います。内服で治療をまず検討いたしますが、効果が乏しい場合や生活に不自由を来す場合に保険診療内でボトックス治療を行っております。また上肢痙縮、下肢痙縮にボトックスの適応が広がり、脳梗塞後遺症などに行っております。まずは受診してご相談ください。

 

sasaki 医師名:佐々木石雄(ささき いわお)
役職:副院長、神経内科部長、香川大学医学部医学科臨床教授
卒業年:平成3年
専門科、専門分野:神経内科、東洋医学
所属学会:日本神経学会(指導医、専門医)、日本東洋医学会(指導医、専門医)、日本内科学会(専門医、認定医)、日本認知症学会(指導医、専門医)、日本頭痛学会(指導医、専門医)、日本臨床神経生理学会、日本神経治療学会、日本自律神経学会
その他:日本医師会認定産業医、身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)、医学博士
自己PR:神経内科、東洋医学(漢方、はり治療)を専門としています。気軽にご相談ください。


医師名:白景明(バイ ジンミン、Jingming BAI)
役職:神経内科医長
卒業年:平成5年
専門科、専門分野:神経内科
所属学会:日本内科学会(認定医)、日本神経学会(専門医)
その他:中国医師免許あり、医学博士
自己PR:正しい診断の上、専門用語を使わずに病状説明をし、患者様側が納得できる医療サービスを提供するように頑張ります。