香川井下病院 看護部

 

新人研修~シャドーイング~
就職当初に実施されるシャドーイングは金魚の糞のごとく先輩看護師の後を追い、業務の流れ、看護、ケア、医師の介助について見て覚えます。
逆シャドーイングはまさにその逆、1年未満の新人の後を黙って先輩看護師が見守ります。
今回実施したのは新卒採用、就職から半年経ち業務にも慣れてきた頃です。
先輩看護師から、
「どうしてこんなミスをするの?」
「どうしてこんなに時間がかかるの?」
なんて意見も出てきてしまいます。
なら、どの様に仕事をしているか見てみよう!と始めてみました。


先輩看護師より
「逆シャドーイングを実施して新人看護師のアセスメント力の向上と自立を促す目的として新人研修の一環で導入してみて、 まず新人看護師の特性、能力、技術面の把握をすることができた。一日を通じて共に行動することにより、どのように聞き、考え、行動するのか、 また新人看護師の個人の指導方法、今後の課題を見出すことができた。 逆シャドーイングを実施するにあたって、すぐに指導しなければならない危険な状況もあったため指導のタイミングも考慮しながら行い、 一日の最終で行動を振り返り、話し合い、良い点、見直さなければならない点、今後どのようにしていけば良いのかを検討した。 今後は課題を自身でしっかりと学習し、能力、技術の向上に努めるよう指導し、また病棟の看護師にも新人看護師の現在の能力、 技術面を知ってもらうとともに育成と指導に協力してもらう必要がある。」


巡視の手順を後追い観察、メモします。


記録をチェック
できている事、できていない事を確認します。