香川井下病院産婦人科


 

無痛分娩


当院は基本的には自然分娩を行っておりますが、硬膜外麻酔を用いた無痛分娩も行っております。
自然陣痛発来後の無痛分娩、計画分娩による無痛分娩のいずれも行っております。


 

硬膜外麻酔を用いる無痛分娩の利点


  • ・他の痛み止めの方法より効果が確実です。
  • ・児への影響を認めません。
  • ・帝王切開が必要になったときにも術後の痛み止めに使用できます。
  • ・分娩後の回復が早く、体力が温存できます。

などが挙げられます。

 

無痛分娩の適応


  • ・痛みや子宮収縮による心臓への負担が望ましくない合併症(高血圧、心疾患など)をもつ
  • ・分娩中に痛みで全身が強直したり、興奮状態となってしまう(痛みに弱い)
  • ・子宮胎盤血流量が既に低下している方(妊娠高血圧症候群、糖尿病、心疾患、胎盤機能不全など):硬膜外麻酔により交感神経緊張が低下することで子宮胎盤血流が増加します。
  • ・分娩が長引きなかなか進まない。
  • ・本人や家族が希望される。

といった方に行っておりますが、特に上記以外にも陣痛がきてみたら痛いのでやってほしい陣痛が長引いて我慢できないといった方には分娩進行の途中からでも行っております。

 

鎮痛の方法


PCA(自己調節鎮痛法)ポンプを用いて、硬膜外麻酔で行っております。
分娩までの時間が比較的短いことが予測され急速に鎮痛が必要な場合は、脊髄くも膜下麻酔を用いることもあります。
無痛分娩の説明書と承諾書

 

費用


保険が効かないため自費(税込54,000円)になります。

 

尚、分娩日・時間帯などによってはできないこともあります。無痛分娩対応医師が学会出張などで県内にいない場合はできないことがあります。
無痛分娩には承諾書が必要になりますので無痛分娩を希望される方は、妊婦健診時にあらかじめその旨をお伝えください。